スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RRROOM

こちらに引っ越して来てから、色んなサイトや、
色んな方のブログで見かけて気になったお店に、
早速ランチを頂きに出かけてみました。

それが、RRROOMさん。

お店に向かうには、ちょっとレトロ感のある雰囲気の
商店街の坂道をトコトコ上ってゆきます。
中々いい雰囲気。
その坂道をそれて、少し奥に入ると、
手造り感一杯の愛らしいお店が顔を覗かせます。

――ARE YOU HAPPY?

と、ちっちゃな看板がお出迎え。
そんな可愛らしい問いかけに、
思わず顔がほころびます。

これからどんなお店&どんなお料理が待っているのかと思うと、
十分にシアワセです♪と思いつつ、そっと木製の扉を開くと…。
P1010713.jpg

「いらっしゃいませ」

と、男性、女性、2人のお店の方に笑顔で迎えて頂きました。
こちらに来て思うのですが、みなさん笑顔が本当に明るくて素敵。
土地柄なのでしょうか…。
いえ、名古屋のお店の方々の笑顔も素敵なのですが、
なんと云うか、こちらに比べると名古屋の方が、
平均的に若干クールな気がします。

そんな事はさておき。

温かみのある、店内の様子に思わずじっくり眺めてしまいます。
壁に寄り添う絵本や写真集。
元々はミシン台だったのかしら?と思うテーブルや、
人の手で一生懸命塗られたと、思われる床の風情。
隙間に小石を敷き詰めてあるところなんて、
面白い心遣いです。
P1010716.jpg

お店をゆっくり眺めてランチの登場を待ちわびていると、
やがて、「お待たせしました」と、
木製のプレートの上にトン!と載せられた
サラダそぼろ丼が目の前に!
温かそうなコーンスープも一緒です。

先ず、スプーンでスープを頂きます。
熱々のそれは、割とライトな風味。
先日、一頭屋さんで頂いたのよりあっさり。
でも、これはこれで美味しいスープです。

続いて、丼の方にスプーンを移動させて、
サクッっと掬ってみます、と。
サラダ菜の蓋の下に、びっしりとそぼろが潜んでいました。
P1010715.jpg

ウフフ…。

思わず、笑みがこぼれます。
パクリ!と頬張りますと、何やら思ってもみなかった爽やかな風味が。

――んん???

どうやら、ヨーグルトが掛っていた模様。
甘くて、マイルドな爽やかそぼろ丼に至極ご満悦なお昼となりました。

最後の珈琲もほっこりと可愛い風情で、
最後の最後まで温かい気持ちになれました。
P1010717.jpg

RRROOM
神奈川県横須賀市上町1-40
お店URL→コチラ
地図→コチラ
050-1555-9712
11:30~22:00(LUNCH TIME 11:30~14:30)
(火曜日のみ15:00~)
月曜日定休

人気ブログランキング
スポンサーサイト

ステーキダイニング一頭屋

初記事です。
名古屋から横須賀へ引っ越してきて、早数か月。
ちょこちょこお出かけもするようになってきました。
これから、お出かけして出会った、
美味しい出会いを残してゆきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

さて。
1本目はやっぱり大好物のハンバーグ。
名古屋にはお気に入りのハンバーグ屋さんがありましたが、
横須賀にも、きっと美味しいハンバーグ屋さんが
ある筈だと思っていました。
そんな事を思っていたところ、出会ったのが、

一頭屋
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1406/A140601/14010525/
さんでした。
P1010692.jpg
小さなメニュー板をじっくり読んで、階段をトコトコ上がって行きます。
ガラス窓のあるドアを開けて、更に階段をトコトコ。

すると、小さな可愛いお店が広がっていました。
30人入れるか否か…。

お昼時だったのですが、運よくテーブルが空いたので、
もぐり込む事に成功し、席に着く事ができました。
クリーム色の店内に、暖かいクリームイエローのテーブルクロス、
外が寒かったので、ほっと暖かい雰囲気に心も和みます。

すると、パリッとした白いシャツに、黒いパンツ、
ミディアム丈の黒いソムリエエプロンを付けたお姉さんが、
「いらっしゃいませ」とお水とお手ふきを持ってきて下さいました。
とっても笑顔の素敵な雰囲気の良い方でした。
迷わず「ハンバーグを!」とお願いし、暫く待っていると…。

湯気がもうもうと上がっている、コーンポタージュが出てきました。
P1010688.jpg
飲みやすいノリタケのスープスプーンにウキウキしながら、
ふうふうして頂きました。
色味が濃く、味もとてもしっかりした、飲み応えのあるスープでした。
コーンもザックザクです♪

美味しいスープに、ハンバーグへの期待もUP!
更に待っていると…来ました、来ました。
P1010689.jpg
それは、金色のラインにピンクの縁取りもラブリーなお皿に鎮座して、
しずしずと、私の目の前にやって来ました。
形がきちんと整えられたオスマシタイプのハンバーグではなく、
いかにも手作りな肉厚のそれは、たっぷりのソースをまとって
お昼の日差しを浴びて、キラキラ光り輝いていました。

期待を込めて、ナイフを入れると…。
余りの弾力ぶりにびっくり!
ナイフを跳ね返す程です。
それは、柔らかハンバーグでは無く、
しっかりと焼かれたハンバーグだったのです。

肉汁とソースをしっかりと付け、パクリ。

――うまーーーーい。

ソースが本当に独特で、まろやかでクリーミィなのですが、
そのまろやかさの奥に、しっかりと主張する何か…が居るのですが、
私の舌では、それが何なのか…正体が分からずじまいでした。
うーーん、あれは何だったのでしょう。

お肉は噛んでも噛んでもしっかりと肉の食感が残っています。
これは、ひき肉を使っているのか!?と云うぐらい、
不思議なまでに、肉々しい食感。
是非、お試し頂きたいテイストです。

添え物の、マッシュポテトさんや、サラダの味付けは、
お肉のマイルドさに飽きないようにか、
酸味を利かせた、ビネガー系のドレッシングが掛かっていました。
マッシュポテトの風味も爽やかさが出ていたので、
噛んだ瞬間、びっくりしてしまいました。
でも、サラダもレモン(?)のような清々しい香りに、
お口直しには最適かも!と、思わずにはいられませんでした。
お腹も心も一杯になってお店を出た事は言うまでもありません。
またお出かけしたいと思います♪

ステーキハウス一頭屋
神奈川県横須賀市若松町3-11 平成中央ビル2F
地図→コチラ
046-820-1159
11:00~14:30/17:00~21:30
第1・3月曜日定休

人気ブログランキングへ

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。