スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミートハウス ふじや

名古屋では「松阪牛」「飛騨牛」などがメジャーだったのですが、
日本には、まだまだ美味しい牛さん達が居ますよね。
こちらに引っ越してきて、早速気になる牛さんの名前を発見しました。
それは…。

「葉山牛」

ハヤマギュウ…って、どんな牛!?
と思って調べてみたところ…。

--------------------------------------------------------------

葉山牛とは、神奈川県の三浦半島で生産された黒毛和牛の総称で、
「三浦半島酪農組合連合会」の会員が優秀な和牛の血統を選択し、
特有の肥育技術をもって1頭1頭丹精こめて育てた和牛です。

和牛の血統は、特に肉質がよいといわれている但馬系黒毛和牛を厳選し、
飼料は大麦、トウモロコシ、ビール粕、おからなどを加熱発酵させたものを中心に、
ご飯などを添加しています。
このような飼育方法が牛肉の脂肪に独特の甘味と旨味を加えるといわれています。
葉山牛の自然の風味と、とろけるような舌触りを是非ご賞味ください。
(三浦半島酪農組合連合会葉山牛出荷部会ホームページより)

--------------------------------------------------------------

と、ありました。
これは、是非頂いてみないと!
と、肉食の私は、葉山牛との出会いを楽しみにしていました。

そんなある日、お出かけしていた逗子で、とあるお店に出会いました。
それが、本日ご紹介する

ミートハウス ふじや
http://www.nikufujiya.co.jp/

さんでした。
小さなお店ですが、一歩足を踏み入れるとお客さんが沢山!
丁度、お肉がお店に到着したところだったようです。
皆さん、フレッシュなお肉の到着時間をご存じだったのでしょうか。
恐るべし、逗子市民…(市民では無い方も居たかも知れないけど)。

人混みの中、後方からショウケースを覗き込むと、
案の定お肉の姿は無く、ケースの中はガラガラ…。
当然ですよね、今、入れ替えしている最中ですもの。
厨房(?)の中では、大きなお肉を職人さん達が、
手際よく切り分けていらっしゃいました。

そうこうしていると、「後15分程待って頂けたら、
新しいお肉をお渡しできますが、お時間はありますか?」と、
お店の方が申し出て下さいました。
有り難くその申し出をお受けして、名前と欲しいお肉を伝え、
お店を出ました。
お店で待たせて頂いても良かったのですが、
その待ち時間の間、他のお店も回って来よう♪と思ったからです。

しかしながら。
値札を見て、震え上がった庶民の私。
昨年一番の清水買いだったかも知れません(笑)。
P1010669.jpg
これが、グラム幾らだったか?
それは、是非、お出かけになってみてみて下さいね!

値札に震えながらも、美味しく平らげてしまったことは、
言うまでもありません。
また食べたいなぁ…お店で食べたらもっと高いのだろうなぁ…。
と、溜息を吐く今日この頃なのです。

ミートハウス ふじや
神奈川県逗子逗子2-6-23
ガーデンホ-ム逗子1階
地図→コチラ
046-871-2444
9:00~19:00
日曜日定休

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。