スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

musée d' H DOUGHNUT RECIPE

ミュゼ ドゥ アッシュさんは、愛知県津島市にあるお店で、
一度、ケーキを頂いた事がありますが、
とっても美味しく頂く事が出来た覚えがあります。
そのお店が、焼きドーナツだけを扱うお店を、
ラシックに出店したと聞いて気になっていたのですが、
結局、食べられず終いで引っ越してしまう事に。
その気になっていたお店、
それが、ミュゼ ドゥ アッシュ ドーナッツ レシピでした。

ラシックの地下へ向かうと、
こじんまりとしたお店がすぐに見つかりました。
数名、ショウケースを覗いている後姿を発見。

――まだまだ人気があるのかな?

と、思いつつ、その後ろから私もどんなドーナツがあるのか、見物を…。

――ふむふむ。

思っていたより種類がありました。
その中でも特に目を引いたのがシナモン。
サラサラとした見た目に、釘付けです。
とっても美味しそう!
一緒にお出かけしたお友達と半分こする事にして、
後は、キャラメル、ミルクティ、アップルをチョイスしてみました。
(人数が沢山居ると、色んな味にトライ出来て、嬉しい限り♪)

肝心のお味ですが。
甘さはどれも控え目で
(私の選んだメニューがそうだったのかも知れませんが…)、
非常に食べ易かったです。
ある意味、とっても危険…幾つでも食べられちゃう感じです。
ただ、食感は意外でした。
もっとふわふわかな?と思っていたら、
案外しっかりしていて、ふわふわドーナツより、
しっかりドーナツの方が好みな私には、嬉しい誤算でした。
P1010823.jpg

焼きドーナツを食べ慣れた方からすると、
どうなのかは分かりませんが、
これなら、今度から焼きドーナツ派になってもいいかも!と
思ったりして…。

次は、ここの焼きドーナツを食べてみようかな♪

musée d' H DOUGHNUT RECIPE
名古屋市中区栄3-6-1 LACHIC B1
お店URL→コチラ
地図→コチラ
052-259-6293
11:00~21:00

人気ブログランキングへ

きょふの別館も更新中→コチラ
スポンサーサイト

Chez Toto

久しぶりの名古屋
久しぶりにちなんで、と云う訳では無いけれど、
随分御無沙汰だったお店にお出かけしてみる事にしました。
昔昔、とっても美味しいランチを食べさせてくれた思い出があったからです。
とっても混んでいた記憶があったので、
予約をしておきました。

すこぶるいいお天気だった名古屋の空が、
何やら怪しげな鉛色になったと思ったら、
霰が降り出してしまう中、震えながらお店に到着。

ドアのガラス部分に懐かしい店名。
P1010793.jpg

キィ…っとドアを開けると、
一人の男性がさっと近づいて来ました。

――何?

と、思い立ち止まっていると、

「ご予約の方ですか?」

と。
びっくりしました。
カジュアル…とまではいかない雰囲気ではありましたが、
お店の方なのか、お客さんなのか判別の付かない雰囲気の服装。
瞬間、お客さんだと思ったくらいです。
ここのお店の店員さん、こんな雰囲気だったかしら?と思いつつも、
予約していた旨を伝え、席に通して貰うと、
早速メニューを渡されました。

イソイソとページを開き、
P1010790.jpg
メニューを決めると、改めてゆっくりと店内を見渡してみます。
相変わらずの混雑ぶり。
やっぱり、雰囲気が変わったと思ったのは、
気のせいだったのかなぁ…と思う程。
でも、ふとテーブルを見ると、テーブルクロスではなく、
まっ白い大きな紙が敷かれていました。

――紙敷きだったかしら、このお店?

と、そんな事を思っていると、
オーダーを取りに今度は別の店員さんが現れました。
今度の方は、明らかにお店の方だと分かる服装でした。
私がオーダーを伝えると、はい、はい、と答えながら、
テーブルの上にするするとオーダーを書き留めていきました。
P1010799_1.jpg

――ほ、ほー。なるほど!

後で店員さんに聞いてみると、これもパフォーマンスの一つと
捉えているそうです。

そんな事はさておき。
肝心のお料理の話を。
先に供されたサラダは、ちょっと酸味がキツイ感じ。
サラダのカットサイズが大き過ぎて、
巻くか切るかにしないと、お口に入り難いよーーーと、
四苦八苦。
でも、ま、それは良いとして。

メインの仔羊さん。
P1010797.jpg
ソースがちょっと私には強い…と云うかクドく感じるお味でした。
後、お肉の筋が物凄くて、筋の処理はどうなっているの!?と
疑問に思うほど…。
お肉のナイフが、まるで役立ずでした。
焼き加減も、好みな状態ではありませんでした。

――嘘でしょう???

こんな筈では無かったのに。
もっと美味しい記憶だったのに。
ちょっと悲しくなりながら、添え物のポテトに手を付けました。

――あ、美味しい。

これは、お味のクリーミィさと、
ポテトの柔らかさ&硬さが丁度良かったです。
ちょっと嬉しくなってパクパク食べてしまいました。

ただ、余りに前の記憶と味が違うので、
デザートオーダーを取りに来てくれた方に、
いつもお店にいらっしゃったオーナーシェフ、
今日はいらっしゃらないのですか?と尋ねたところ、
私が通っていた頃腕をふるっていらっしゃった、
大柄のフランス人オーナーシェフのトトさんは、
(お店の名前にもなっています)
ニューカレドニアに移住されて、
今はもう、名古屋にはいらっしゃらないと教えて下さいました。
ニューカレドニアで、新しく「シェ・トト」を開かれているそうです。
調べてみたら、こちらに情報が出ていました。

――む、無念…。

やはり変わってしまっていたのだ…と、寂しい気持ちと、
お友達に「あの味」を食べさせてあげられなかったと云う、
残念な気持ちで一杯になりました。

でも、気を取り直して、デザートをオーダー。
デザートは、同席していたお友達と幾つか頼んでシェアしてみたのですが、
全てのデザートに同じソースを使っていて、
ちょっと残念…色んな味で食べてみたかったのだけどなぁ…。
これも、メインと同じく、ちょっとソースが私にはクドかったです。
クドイと云うか、甘さがキツイ…。
甘過ぎる、と云う感想です。
ただ、もっと量が少なかったら丁度良いお味だったかも。
それで、美味しかったのが、これ。
P1010806.jpg
ヘーゼルナッツ入りのチョコレートアイス。
一粒ずつ分けたのですが、おかわりしたいくらいでした♪

…と、喜んでいたのもつかの間。
遅めのランチだったので、
もうすぐお店が閉まる時間である事は分かっていたのですが、
何やら厨房からもゾロゾロスタッフさん達が出ていらして、
お客さんがまだ居る目の前で、まかない料理を皆様で食べ始めた時は、
仰天しました。
P1010812.jpg
お食事中すみませんが、お会計……と、困っているお客さんも。
まかない料理って、見せるもの???
こう云う事って、普通なのでしょうか???
何だかこれは、私にとってはちょっとガッカリな風景でした。

それも、やっぱりパフォーマンスの一つ…なのでしょうか。
美味しい物もあっただけに、ちょっぴり残念な再訪になってしまいました。
P1010809.jpg
それにしても。
あのお味は、ランチだったからなのかなぁ…。
欠けたお皿でお料理を出していらっしゃるのも、至極残念無念でした。
しょんぼり…。

Chez Toto
愛知県名古屋市中区新栄2-25-3 新交新栄ビル1F
お店URL→コチラ
地図→コチラ
052-265-2002
11:30~13:30(L.O)
18:00~22:00(L.O)
水曜日定休

人気ブログランキングへ

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。